FC2ブログ

e n j o y ! p s o 2 |    pso2のことや常日頃思ったことを適当に書いていきます

NVIDIA Inspector の効果と実装時の重さについて

最近SS撮るのに嵌ってきまして、NVIDIAのInspectorというソフトを使うと
さらに高画質なSSを撮れることを最近知りました。 

参考⇒  NVIDIA Inspector 1.9.7.2 Betaのダウンロード先とアンビエントオクルージョンについて

このソフトを使えば高画質なSSを撮れるということで早速導入したところ、
私のパソコンスペックでは重すぎて全く動きませんでした。どのくらい重かったといいますと、


通常状態-描写設定5 解像度1920×1080
pso20140728_184250_000.jpg




NVIDIA Inspector 導入後 描写設定5 解像度1920×1080

pso20140728_190125_000.jpg


とベンチマークの結果がなっていますように、SSを撮るような状態ではありませんでした。(グラフィックボードはGTX560)




そこで新たにGTX760のグラボ(GV-N760OC-4GD)を購入して再測定した結果が次の通りです。


通常状態-描写設定5 解像度1920×1080
pso20140803_202118_000.jpg


NVIDIA Inspector 導入後 描写設定5 解像度1920×1080
pso20140803_203430_000.jpg



このように通常状態では約2倍スコアが上がり、Inspectorを使った状態では500倍以上スコアを伸ばすことができました。

参考⇒ グラフィックボードの性能一覧

また古いグラボではInspector導入時ビデオメモリが1GBでは足りなかったためかPCメモリも1GB近く消費していた一方で、新しいグラボ(GTX760)ではビデオメモリが4GBあるため、PCメモリを余分に消費することはありませんでした。


そのためInspectorを導入しようとする人はビデオメモリが最低でも2GBのグラフィックボードを
買ったほうがいいかもしれません。




さて肝心のInspector導入前後の画質比較ですが、以下のようになりました。

比較2


非常に分かりにくいのですが、左が導入前で右が導入後になります。
拡大すると分かるのですが、輪郭のギザギザが補正されて綺麗になっています。

Inspectorを導入すると、影が濃くなるような設定も出来るのですが、影に関しては
撮影場所によって影がはっきり表現されるところとされないところがあります。
今回の撮影でも全体的に暗くなって影が若干濃くなっていることがわかると思います。

また、影の表現に関してはInspectorだけでなくグラフィックドライバーにも関連するので、
導入しようかなと思う方は参考リンクよりドライバーの検討もされたほうが良いかもしれません。




NVIDIA Inspectorに関しましては先人の方々が色々ネットに情報を載せてるのでお好みの設定を探すのが
良いと思います。

スポンサーサイト

Category : pso2
Posted by カミュー on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kamyupso2.blog.fc2.com/tb.php/28-9cbcefb0
該当の記事は見つかりませんでした。