e n j o y ! p s o 2 |    pso2のことや常日頃思ったことを適当に書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by カミュー on  | 

ソールステⅢスピⅢ○○フィーバー○○ブースト系武器の作り方について

今回は、感謝祭の報酬期間(能力追加成功率10%UP)が近づいているということで
報酬期間中の5スロ武器(ユニット)の作り方について説明したいと思います。
(エアプレイヤーなのでもっと安く作る方法がある可能性あり)


例として、クォーツソール・パワーⅢ・スピリタⅢ・ラヴィフィーバー・パワーブーストの武器の作り方を説明します。
(能力値:打撃95、PP7、HP10、技量5)



結論を言いますと最終的に用意するのは



本体武器 クォーツソール・パワーⅢ・スピリタⅢ・ゴミ

本体素材① ソールレセプター4スロ

本体素材② パワーⅢ・スピリタⅢ・ラヴィフィーバー・ゴミ

補助アイテム 能力追加成功率UP30%、特殊能力追加(打撃)



となります。(ゴミはステータス系といった継承率100%のもの)


※補足
・クォーツソールはパワーⅢ・スピリタⅢの継承率を上げるため、パワーⅢスピリタⅢが2つあることから継承率100%
・ソールレセプターはクォーツソールの継承率を100%
・ラヴィフィーバーは継承率100%
・エクストラスロットによってすべて成功率60%となるが、報酬期間と能力追加成功率UP30%により100%





それでは、各素材の作り方について説明します。
まず本体武器クォーツソール・パワーⅢ・スピリタⅢ・ゴミの準備をします。
作成には以下の素材が必要です。


本体 クォーツソール・ゴミ・ゴミ・ゴミ

素材① パワーⅢ・スピリタⅢ・ゴミ・ゴミ

素材② ソールレセプター4スロ

補助アイテム 能力追加成功率10%UP





最初にクォーツソール・ゴミ・ゴミ・ゴミの作成方法を考えます。

下の画像は開発中の本体穴あけシミュレーション(web版)の結果です。
前回作成していたアプリの機能に加え、レセプターを用いた場合やソールをつけない穴あけの平均費用
もシミュレーション出来るようにしています。

4スロソールレセプター


詳細は公開の際の記事に書きますが、このシミュレーション結果から最も安く作る方法は


1.2スロ⇒3スロでは能力追加成功率UP5%を使用し、100%でゴミ×3の3スロを作成すること。

2.本体武器が3スロとなったら、ソールレセプター3スロとクォーツソール3スロを素材として
能力追加成功率10%UPを使い、クォーツソール・ゴミ・ゴミ・ゴミの本体武器を作る。



になります。平均費用としては、
クォーツソール3スロが1050、ソールレセプター3スロが40000、能力追加成功率10%upが60000(10鯖の相場)なら

42万メセタ

で作ることが出来ます。(初期スロット数0)

一旦4スロまで穴あけしてからクォーツ・ソールをつけようとすると69万メセタかかるようなので、
上記の作り方が一番安く出来るようです。


次に素材①のパワーⅢ・スピリタⅢ・ゴミ・ゴミの作成方法を考えます。
用意するのは、


素材① パワーⅢ4スロ

素材② スピリタⅢ4スロ

素材③ パワーⅢ4スロorスピリタⅢ4スロ

補助アイテム 能力追加成功率5%UP




ただし、素材①②③の中に最低2個のゴミが含まれていることが条件です。

大体の相場はパワーⅢ4スロもスピリタⅢ4スロも4000メセタ程度なので、
約9000メセタの能力追加成功率5%UPを使えば、約4万2000メセタで
作ることが出来ます(あくまで平均費用)。



最後に素材②のソールレセプター4スロは約40万メセタで購入出来るため、

本体武器クォーツソール・パワーⅢ・スピリタⅢ・ゴミの作成平均費用は

約97万メセタ

になります。




本体武器の準備は整ったので、最後に本体素材②の作り方について説明します。

用意するのは、


素材① クォーツソール4スロ

素材② パワーⅢ・スピリタⅢ・ゴミ・ゴミ

素材③ ラヴィフィーバー4スロ

補助アイテム 能力追加成功率10%UP



です。素材①は購入すると約3万メセタ、素材②は上記に書いた作り方で4.2万メセタ、
素材③は約42万メセタで購入できるため、

本体素材②パワーⅢ・スピリタⅢ・ラヴィフィーバー・ゴミの作成平均費用は

約60万メセタ

になります。




以上の方法により、5スロ武器を作るための素材を揃えることが出来、
最終的な平均費用は


本体武器 クォーツソール・パワーⅢ・スピリタⅢ・ゴミ 約97万メセタ

本体素材① ソールレセプター4スロ 約40万メセタ

本体素材② パワーⅢ・スピリタⅢ・ラヴィフィーバー・ゴミ 約60万メセタ

補助アイテム 能力追加成功率30%UP、特殊能力追加(打撃) 約450万メセタ



より約653万メセタ能力追加成功率30%UPで作ることが出来ます。



またクォーツソール・パワーⅢ・スピリタⅢ・ラヴィフィーバーの4スロ武器なら
約203万メセタで作ることが出来るので金欠の人はおすすめです。



今回は一例としてパワー系5スロ武器の説明になりましたが、参考になれば幸いです。




スポンサーサイト
Posted by カミュー on  | 0 comments  0 trackback

ログファイル検索アプリのversion up

今回も知り合い検索アプリver2.1の公開についての話です。

こちらダウンロード⇒ 知り合い検索アプリver2.1

(win8では実行時に警告が出るため、詳細情報をクリックして実行する必要がある)

今回のバージョンでは、検索ログのうちロビーアクションに関するログを除外するチェックボックスを追加しました。

これは、4連ステップなどをするとロビーアクションを多用するため、ログファイルがロビーアクションログで埋まってしまうといった点を考慮して作ってみました。

無題



今後の予定としてはアプリを動画で分かりやすく説明したり、EP3突入に伴って
スキルに関するダメージ計算アプリなどをつくっていこうかなと考えています。

Category : アプリの公開
Posted by カミュー on  | 0 comments  0 trackback

知り合い検索アプリver2の公開

先日公開したアプリにPSO2起動中だとファイルアクセスが出来ないといった
問題点があったので、修正しました。

アプリのダウンロード⇒ 知り合い検索アプリver2

前の記事の説明では使い方と使い道が分かりづらい点も多いと思うので、そのうち動画を作ってみようかと思っています。

Category : アプリの公開
Posted by カミュー on  | 0 comments  0 trackback

知り合い検索アプリ公開について

今回は今までと違ってシミュレーションアプリではなく、PSO2のチャットログファイルを読み込んで
特定のキャラ名やIDネームを検索することで該当の会話を表示させるアプリを作ってみました。



アプリのダウンロード⇒ 知り合い検索アプリver1
(ダウンロード先を変えたのでブラウザがchrome以外の人もダウンロードできます)



このアプリは、過去に他プレイヤーとPSO2内でどのような会話をしたのか思い出すことを目的としています。

あんまり会話したことのないプレイヤーだと今までどんな会話をしてきたのか忘れることもあったりすると
思われるので、そういう時はこのアプリが役に立つと思います。






それでは、アプリの使い方について簡単に説明します。

上のリンク先を飛ぶと、zipファイルをダウンロードできるようになっていますので、
ダウンロード後にzipファイルをお好きな場所で展開してください。

zipファイル展開(解凍)ソフトのリンク(お好きなのをどうぞ)


展開すると知り合い検索アプリver1という名前のアプリケーションがあるので、実行してください。




実行すると以下のようなアプリが起動します。(win8の場合、警告が出るかもしれませんが、詳細情報にて実行してください)


課題
(名前が載ってる人申し訳ありません、説明に使わせてもらいます)




知り合い検索機能について

キャラ名 or IDネーム ・・・ 検索したいキャラ名またはIDネームを入力してください。
本文検索除外 ・・・ チェックをつけると チャットの内容(本文内容)は検索除外して黒枠で囲まれた
             キャラ名or IDネームが表示されるところのみを検索します。
             チェックをはずすと、キャラ名or IDネームに入れた文章を本文を含めて
             検索します。 (赤枠で囲まれた文章を一行ずつ検索します。)

該当行後○行表示 ・・・ 検索で引っかかった該当行の後の行を何行表示させるかを設定します。
                (たとえば、「ことは」で検索すると、ことはのキャラ名の人が発言した
                チャットのみが通常表示されますが、該当行後5行表示に設定すると
                「ことは」のキャラ名の人が発言したチャット内容だけでなく、その後に
                発言された5回分のチャット内容も表示されます。
                選択できる値だけでなく直接数字を入力して該当行後10行以上の表示
                もできます。


検索範囲時間指定 ・・・ チェックを入れると、○○日前から○○日までの間で検索を行います。
                選択できる値だけでなく直接数字を入力することもできます。
                



チャット履歴について

これは知り合い検索とは別機能で指定された日時のチャット履歴を表示できます。
RTボタンを押すと、自動的に現在の日時が入力されます。
また、ALLと書いてある選択肢にはほかにPARTY、GUILD、REPLY、PUBLICという選択肢もあり、
それぞれパーティ会話のみ、チーム会話のみ、ウィスパー会話のみ、白チャットのみの会話を表示できます。



※特定のプレイヤーのすべての会話を表示させる方法

上の画像内で黒枠で囲んだところにはキャラ名またはIDネームが表示されますが、チームチャットか
ウィスパーチャットではIDネームで発言され、白チャットやパーティチャットではキャラ名で表示される
ことはご存知だと思います。この場合、特定のプレイヤーのチャットを以下の方法ですべて表示することが
出来ます。

手順①
なんでもいいので、そのプレイヤーのキャラ名またはIDネームで検索をかける。

手順②
検索結果が表示されたら、上画像内のキャラ名またはIDネームが表示される黒枠の左に表示される
8ケタの数字を選択し、control+cを押して数字をコピーします。

手順③
プレイヤーID or キャラ名を入れるテキストボックスにcontrol+vを押して8ケタの数字を貼り付け、
本文検索除外のチェックを外して検索する。


このような方法をとることによって、特定のプレイヤーの会話をすべて表示させることが出来ます。





※注意事項について



長い間プレイしている方は、ログファイルが莫大な量になっていると思います。基本的に本文検索除外のチェックを外してしまうとすべての文章を検索してしまうため、安易なワードで検索をかけると結果表示が遅くなってしまう恐れがあるので、
ご注意してください。


ログファイルについて
通常PSO2のログファイルはC:\Users\ユーザー名\Documents\SEGA\PHANTASYSTARONLINE2\log
のフォルダに入っています。このログファイルからデータを読み込んで検索しています。






Category : pso2
Posted by カミュー on  | 0 comments  0 trackback

本体ソール穴あけに関する最適アイテム使用と報酬期間による利得(4スロ編)

前回公開した本体ソール穴あけ平均費用に関するシミュレーションアプリを用いて、
4スロソールの穴あけに関してどの能力追加成功率UPをいつ使用すれば安く製作
することが出来るのか調べてみました。



参考に能力追加成功率UPの相場について書きます。

能力追加成功率UP5% 7500メセタ
能力追加成功率UP10% 63000メセタ
能力追加成功率UP20% 950000メセタ



この相場をシミュレーションに当てはめて計算してみます。(また、一回の能力追加費用を5万メセタとする)







※ソール4スロ(ソールゴミゴミゴミ素材)が5万メセタの時


この時、最も本体4スロソールの製作費用が安くなる方法は


2スロから4スロソールにするまで能力追加成功率UP5%を常に使用すること

でした。

以下、初期スロットが0、3、4スロットの際のシミュレーション結果を示します。


4スロ穴あけ5万メセタ0スロット

4スロ穴あけ5万メセタ3スロット

4スロ穴あけ5万メセタ4スロット




まとめると、4スロソール本体を製作するのにかかる平均費用は以下のようになります。

初期スロット数   平均費用
  0スロ       1.16mメセタ (mは100万)
  3スロ       0.99mメセタ
  4スロ        0.67mメセタ


このように初期スロット数によって平均費用も若干変わってくるので、ショップで本体武器(ユニット)
を購入する際は差額を意識したほうがいいかもしれません。





※報酬期間(能力追加成功率UP10%)中における平均費用


上記のシミュレーションを報酬期間中に行った際の平均費用を算出した結果です。



4スロ穴あけ5万メセタ0スロット報酬

4スロ穴あけ5万メセタ3スロット報酬

4スロ穴あけ5万メセタ4スロット報酬


4スロソール本体を製作するのにかかる平均費用の変化は以下のようになります。

初期スロット数   平均費用
  0スロ       1.16mメセタ ⇒ 0.65mメセタ
  3スロ       0.99mメセタ ⇒ 0.49mメセタ
  4スロ        0.67mメセタ ⇒ 0.34mメセタ

この結果より当然平均費用が減少しているのが分かりますが、初期スロット数の違いによる
平均費用の差額も変わっており、その差が縮まっているのが分かります。

もちろん、報酬期間中は能力追加成功率UPや素材の平均費用が高騰するので一概に
比べることは出来ませんが、報酬期間中はそのことを念頭に置いて本体武器(ユニット)
を購入したほうがいいかもしれません。




※ソール4スロ(ソールゴミゴミゴミ素材)が50万メセタの時


この時、最も本体4スロソールの製作費用が安くなる方法は


1スロから4スロするまで能力追加成功率UP5%を常に使用し、4スロから4スロソールの時に能力追加成功率UP10%を使うこと


でした。これはソール費用が上がったことによって、相対的に能力追加成功率UPアイテムにかかる費用の割合が減った
ためだと思われます。


以下、同様に初期スロットが0、3、4スロットの際のシミュレーション結果を示します。

4スロ穴あけ50万メセタ0スロット

4スロ穴あけ50万メセタ3スロット

4スロ穴あけ50万メセタ4スロット


4スロソール本体を製作するのにかかる平均費用は以下のようになります。

初期スロット数   平均費用
  0スロ       2.69mメセタ 
  3スロ       2.50mメセタ
  4スロ        2.23mメセタ


この結果を見るとソール価格が変化しても初期スロット数の違いにおける平均費用の差額は
あまり変わらないようです。




※報酬期間(能力追加成功率UP10%)中における平均費用



上記のシミュレーションを報酬期間中に行った際の平均費用を算出した結果です。



4スロ穴あけ50万メセタ0スロット報酬

4スロ穴あけ50万メセタ3スロット報酬

4スロ穴あけ50万メセタ4スロット報酬



4スロソール本体を製作するのにかかる平均費用の変化は以下のようになります。

初期スロット数   平均費用
  0スロ       2.69mメセタ ⇒ 1.91mメセタ
  3スロ       2.50mメセタ ⇒ 1.76mメセタ
  4スロ        2.23mメセタ ⇒ 1.70mメセタ


この結果を見ると分かるようにソール4スロが5万メセタの時と同様に報酬期間中では、初期スロット数の違い
による差は縮まっています。またソール4スロが高い分、報酬期間による平均費用の減少も大きくなっている
のが分かります。




アークス感謝祭の終わりには能力追加成功率の報酬期間がある可能性があるので、
今後近いうちの素材価格動向には注意が必要だと思います。








Category : pso2統計
Posted by カミュー on  | 0 comments  0 trackback

配布アプリがダウンロードできない問題について

現在配布しているアプリに関して、chorome以外のブラウザ(Internet ExplorerやFirefoxなど)では、zipファイル形式ではなく
テキストファイル形式でダウンロードされることが分かりました。

その原因については色々調べてるのですが、未だによく分かっていません。

またwindows8の環境では、アプリを起動しようとした際にアプリの起動を停止されますが、
詳細情報を押すことでアプリを実行することが出来ます。

FC2は無料でホームページが作れるものの、不具合がよく起きるのであまりよろしくないですね・・・

Category : pso2
Posted by カミュー on  | 0 comments  0 trackback

NVIDIA Inspector の効果と実装時の重さについて

最近SS撮るのに嵌ってきまして、NVIDIAのInspectorというソフトを使うと
さらに高画質なSSを撮れることを最近知りました。 

参考⇒  NVIDIA Inspector 1.9.7.2 Betaのダウンロード先とアンビエントオクルージョンについて

このソフトを使えば高画質なSSを撮れるということで早速導入したところ、
私のパソコンスペックでは重すぎて全く動きませんでした。どのくらい重かったといいますと、


通常状態-描写設定5 解像度1920×1080
pso20140728_184250_000.jpg




NVIDIA Inspector 導入後 描写設定5 解像度1920×1080

pso20140728_190125_000.jpg


とベンチマークの結果がなっていますように、SSを撮るような状態ではありませんでした。(グラフィックボードはGTX560)




そこで新たにGTX760のグラボ(GV-N760OC-4GD)を購入して再測定した結果が次の通りです。


通常状態-描写設定5 解像度1920×1080
pso20140803_202118_000.jpg


NVIDIA Inspector 導入後 描写設定5 解像度1920×1080
pso20140803_203430_000.jpg



このように通常状態では約2倍スコアが上がり、Inspectorを使った状態では500倍以上スコアを伸ばすことができました。

参考⇒ グラフィックボードの性能一覧

また古いグラボではInspector導入時ビデオメモリが1GBでは足りなかったためかPCメモリも1GB近く消費していた一方で、新しいグラボ(GTX760)ではビデオメモリが4GBあるため、PCメモリを余分に消費することはありませんでした。


そのためInspectorを導入しようとする人はビデオメモリが最低でも2GBのグラフィックボードを
買ったほうがいいかもしれません。




さて肝心のInspector導入前後の画質比較ですが、以下のようになりました。

比較2


非常に分かりにくいのですが、左が導入前で右が導入後になります。
拡大すると分かるのですが、輪郭のギザギザが補正されて綺麗になっています。

Inspectorを導入すると、影が濃くなるような設定も出来るのですが、影に関しては
撮影場所によって影がはっきり表現されるところとされないところがあります。
今回の撮影でも全体的に暗くなって影が若干濃くなっていることがわかると思います。

また、影の表現に関してはInspectorだけでなくグラフィックドライバーにも関連するので、
導入しようかなと思う方は参考リンクよりドライバーの検討もされたほうが良いかもしれません。




NVIDIA Inspectorに関しましては先人の方々が色々ネットに情報を載せてるのでお好みの設定を探すのが
良いと思います。

Category : pso2
Posted by カミュー on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。