e n j o y ! p s o 2 |    pso2のことや常日頃思ったことを適当に書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by カミュー on  | 

ソールステⅢゴミ素材の作成平均費用に関する損益分岐点

これまで能力追加平均費用に関するアプリを作ってきましたが、どの方法が一番安く素材を作成できるのかについては上手く求めることが出来ていませんでした。

そこで今回能力追加成功率の有無や素材レシピの違いを考慮した損益分岐点を表すグラフを作ってみることにしました。

今回、例として○○ソールステⅢゴミの素材作成に関する平均費用について考えてみました。
前の記事で書いてありますようにソール触媒の仕様が変更されています。ご注意を

○○ソールステⅢゴミの素材作成のレシピは以下の画像のようにそれぞれ二通りあります。


ソールスタⅢゴミレシピ2

ここでいうゴミというのは継承率100%のステⅠのことです。
ただし、作成する素材のステⅢと同種類はダメです。
また作成する素材にはゴミが一つしかついていないので、実際には3つの元素材にゴミは一つしか要りません。

同素材と異素材というのは、3つの元素材が全て同じ武器ユニット素材であれば、
能力追加成功率がそれぞれ1.15倍されるボーナスがあるので、分けています。

画像の右側からわかりますように能力追加成功率は作り方によって大きく変わり、また一回の能力追加試行
にかかる費用も作り方によって変わってきます。


そこで次のような損益分岐点グラフを作ってみました。




2スロレシピ異素材

2スロレシピ同素材

3スロレシピ異素材

3スロレシピ同素材



注意: 能力追加成功率5%の価格1万メセタ、能力追加成功率10%の価格7.5万メセタと設定




まず、それぞれのグラフの横軸一回当たりの費用というのは、

3つの元素材の合計費用+一回の能力追加費用

を表します。
つまり、一回の能力追加試行にかかる費用のことです。



また、グラフの縦軸平均費用というのは、

○○ソール+ステⅢ+ゴミの素材の作成平均費用

を表します。


また、赤線は能力追加成功率upを使わなかった場合、青線は5%を使った場合、緑線は10%を使った場合の横軸と縦軸の関係を表します。




グラフを見てみると一回の能力追加試行費用が安い場合は何も使わないほうが安く、費用が高くなるにつれて、5%、10%が安く作成できることがわかります。


例えば2スロの異素材(レシピ①の異素材)を例にしますと、3万6500メセタまでは何も使わないほうが安く、
3万6500メセタから33万5000メセタの間では5%を使ったほうが安いことが分かります。


それぞれ4つの作り方によって横軸の費用は変わりますが、このグラフを参考にすれば実際の素材作成に関する
平均費用を求めることが出来、どのやり方が最適なのかを知ることが出来ます。
(今回は最近の元素材の値段を知らないので具体的に説明することはしません)



このグラフだけでは、どの方法が一番安いか見つけるのが難しいので、今後は色々な素材の作り方について
どの作り方が最適かを瞬時に教えてくれるようなアプリを作っていきたいと思います。






※この記事についてわからないことがあれば、コメントしてください。
 また、計算方法の詳細については後で書いていこうかと思います。


スポンサーサイト
Category : pso2統計
Posted by カミュー on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。